AKASAKA SO-DA BAND

「正義の名の下に / 嘘で綾なす君が愛おしい」

01.正義の名の下に 02.嘘で綾なす君が愛おしい

正義の名の下に

作詞/山田 巧 作曲/山田 巧

___

いびつな心、欺く言葉

よそ者を否定し、刃を向けた

耳塞いでも、脳裏に響く承認式の存在ゲーム

 

君は優しいつもりで冗談めいて私を笑わせようとしてるけど

構わないでほしい 無神経な人ね

 

吐き気がする正義感に唾を吐きかけても

守られるのはいつの時代も気がおかしいヤツさ

どの口も揃えて言う「僕は味方だよ」と

私が魔女狩りに合えば笑って誤魔化すだけでしょう

もう近付かないで一人でいさせて

 

信頼の称号、傷のない勲章

恩着せがましい、マスターに中指

目を隠しても、暗闇に浮かぶ投票式の奴隷ゲーム

 

君は知ってるように得意げに言って私の心救いにくるけど

その鍵じゃ入り口もくぐれないみたいね

 

愛を語る人形

薄暗い未来ね

笑われるのはいつの時代も意思を持った人さ

おもちゃが欲しいのならママにおねだりして

誰かが堕ちていく様を神様ごっこで見てましょう

ガラス玉の目で

 

吐き気がする正義感に唾を吐きかけても

守られるのはいつの時代も気がおかしいヤツさ

どの口も揃えて言う「僕は味方だよ」と

私が魔女狩りに合えば笑って誤魔化すだけでしょう

もう近付かないで一人でいさせて

嘘で綾なす君が愛おしい

作詞/山田 巧 作曲/真鍋貴之

___

 

ah 繕い上手  無意識気にしてる

so 不要な蜜を欲しがる芝居にもう疲れてた

ah 慣れすぎた痛覚  無様に癖づいた

もう目覚めてもずっと浮世に浮かぶ霧の中

 

気が付けば君の顔眺めていた  吸い込まれるように

教えてPlease 誰かを想ってるの?

 

運命なんて知らない本能が決めた言葉が泳ぐPHASE1

本音なんていらない嘘と夢を部屋に灯す

愛してなんて言わない  擦れる肌が私を狂わせる

どうしてなんて聞かない  嘘が君を綾なした

 

ah 閉塞感はこの手に収まらない

もうどうでもいいの?天井に浮かぶ疑心の影

 

ねぇ 他愛もないね

ねぇ 黙ってていいから

ねぇ このままどこか

そっと消えてしまいたい 君と二人で

 

運命なんて知らない本能が決めた言葉が泳ぐPHASE1

本音なんていらない嘘と夢を部屋に灯す

愛してなんて言わない  擦れる肌が私を狂わせる

どうしてなんて聞かない  嘘が君を綾なした

 

運命なんて知らない  本音なんていらない

愛してなんて言わない  どうしてなんて聞かない